HOME  >  セミナー・イベント  >  介護食品・スマイルケア食コンクール  >  第6回 介護食品・スマイルケア食コンクール商品募集

第6回 介護食品・スマイルケア食コンクール商品募集

2019年12月28日
第6回 介護食品・スマイルケア食コンクール商品募集

受賞商品は、ファベックス2020にて展示
貴社自慢の商品をぜひご応募ください!


最終応募締切:2020年2月29日(土)

※応募者の方には、「ファベックス2020」の招待券を送付いたします(通常入場料4,000 円)


 
応募要項 

噛むこと、飲みこむことが難しい方々の食品だけでなく、低栄養の予防につながる食品、日々の生活をより快適にする食品として、幅広い方々にご利用いただけるよう、介護食品の品質向上、介護食品市場の拡大を目的として、日本国内で販売されている介護食品もしくは同様の機能性を持つ食品を広く募集し、厳正な審査の上すぐれた商品を表彰いたします。

受賞商品は、食品業界関係者約7.8万人が来場する惣菜デリカ・中食・外食業界の業務用専門展示会「ファベックス」等のイベントにて、パネルや実物の商品展示を行ない、来場者にPRできます。

応募資格 

下記の(1)(2)の両方を満たしていること
(1)応募部門の内容に合致する食品の製造者、OEMによる自社ブランド商品の販売者、および取り扱いがある卸・問屋・小売等の流通事業者
(2)審査用およびファベックス会場での展示用に、商品を無償提供することが可能であること 

応募条件 

自薦または他薦により応募が可能です。

自薦 : 自社製造商品・自社ブランドOEM商品の食品を対象とする。

他薦 : 自社製造商品・自社ブランドOEM商品以外の食品を対象とする。


 応募部門 

(1)健康維持上栄養補給が必要な人向けの食品部門

噛むこと・飲み込むことに問題はないものの、健康維持上栄養補給を必要とする方向けの食品*
※エネルギーが 100g または 100 ㎖当たり 100kcal 以上、または100g(100 ㎖) 当たりのたんぱく質含有量が8.1g(4.1g)以上、若しくは100kcal当たりのたんぱく質含有量が4.1g以上である食品

(2)噛むことに問題がある人(咀嚼困難者)向けの食品部門

噛むことに問題がある人でも食べられる食品(例:豆腐)*

(3)飲み込むことに問題がある人(嚥下困難者)向けの食品部門

飲み込むことに問題がある人でも食べられる食品(例:ペースト状、ムース状、ゼリー状の食品)*

(4)食品素材・材料部門

介護食品の品質と価値向上に役立ち、介護食品開発をサポートする素材・材料・調味料・香料・油脂・添加剤など

 *応募時にスマイルケア食識別マークの利用許諾を得ている必要はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・応募部門と各種分類との対応表・・・・・・・・・・・・・・・・・

※応募商品が各種分類の利用許諾や認証等を取得している必要はありません(部門選択の参考として掲載しています)
応募者の方には、「ファベックス」の招待券を送付いたします(通常入場料4,000 円)
 
応募方法

以下の方法でご応募ください。

応募フォームに入力して送信
※必ず「商品のカラー写真」のデータをご用意ください。
※応募商品の写真および売場写真は、弊社媒体の記事およびファベックス等会場内での展示等で使用する可能性があります。
※Webサイトからのエントリーができない場合は、事務局までメールcarefood@nissyoku.co.jpにてご連絡ください(PDF形式の応募用紙をお送りします)。
※応募部門④食品素材・材料部門については、商品の参考資料(論文もしくはそれに準ずる資料のPDFデータ等)1点を事務局宛にご送付ください。

応募締切:2020年2月29日(土)
※応募者の方には、「ファベックス」の招待券を送付いたします(通常入場料4,000 円)

表彰
各部門毎に最も優れた商品1点を選定し、農林水産省食料産業局長賞とします。さらにそれらの中から最優秀の商品を1点選定し、農林水産大臣賞とします。その他、審査委員長賞、入賞等を決定します。
上位受賞商品はファベックス会場にて表彰および商品展示を行います。
 
主催および後援
主催:日本食糧新聞社
後援:関係省庁に申請予定

 
審査委員(予定) ※敬称略
 

委員長
金谷 節子 (金谷栄養研究所 所長)

委 員

井上  淳( 日本チェーンストア協会 専務理事)
今西 信幸( 日本ドラッグストア協会 事務総長)
近石 圭吾( ㈱フード・デリ 営業部 マーケティング課 課長)
菊谷  武 (日本歯科大学 教授 同大学口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)
黒田  賢 (ヘルシーフード㈱ 社長)
黒田留美子 (高齢者ソフト食研究会 会長)
中村佐多子 (日清医療食品㈱ 営業本部 栄養・調理技術部 部長)
森  佳光 (日本介護食品協議会 会長)
山本 裕康 (公益社団法人日本メディカル給食協会 会長)
今野 正義 (日本食糧新聞社 代表取締役会長CEO)
福島 厚子 (日本食糧新聞社 取締役本部長・介護食担当)
※予定、敬称略、順不同


審査項目 ※応募部門(1)~(3)
● 低栄養対応
● 見た目の美しさ
● 食べやすさ
● コスト
● おいしさ
 硬さ区分の妥当性
● 機能性
 
審査項目 ※応募部門(4)
商品の用途・目的とその特徴
● 原材料・物性
● 
商品の今までの実績、または今後の見込み

スケジュール
・12月下旬
告知、応募賞品の募集と一次審査員の募集を開始

・2月29日(土)
募集終了

・3月中旬
一次審査・二次審査
会場
:東京都内(予定)

・3月下旬
選考結果発表(日本食糧新聞紙面、日本食糧新聞電子版FABEX公式Webサイトなどで)

・4月15日(水)~17日(金)
ファベックスで表彰式および受賞商品展示
 
※上記スケジュールは変更の可能性があります。最新情報・選考結果は弊社媒体およびFABEX公式Webサイトで随時発表いたします。 
 
一次審査 審査員の公募について
本コンクールは、介護食品市場の拡大と介護食品の品質の向上を目的として 開催されるものです。
そこで、情報交流という観点から、一次審査の審査員と して、メーカー、卸・問屋、医療、福祉、介護食品関係者からの参加を広く公募いたします。 
 
一次審査員には応募商品を試食いただき、二次審査に進む優れた商品をお選びいただきます。
一次審査に参加をご希望の方は、募集ページの応募フォームにご記入の上、事務局までお送りください。
 
参加資格:介護食品を自身の業務として扱っている方 
     (食品メーカーの商品開発者、卸・問屋・小売のバイヤー、医療・ 福祉施設での提供者など) 
 
※介護食品に関連しない職種・業種の場合、参加をお断りすることもございますのでご了承ください。 
※コンクールへの商品応募と同時に、一次審査審査員への参加申込みをすることも可能です。
 ただし、自ら応募した商品および他薦された自社製造商品・自社 ブランド・OEM商品は審査対象外とさせていただきます。 
※審査員による一次審査の対象は応募部門①~③となります。④は事務局による書類審査を経て二次審査となります。
 
審査日 :2020年3月中旬
会場  :東京都内(予定)
 
●商品応募および一次審査員の応募方法● 
 
募集ページの応募フォームよりお申し込みください。
※一次審査員のみの応募も可能です

協賛について
本コンクールの主旨にご賛同いただける企業・団体の皆様からの協賛を受け付けております。
協賛特典および内容詳細についてご興味がある企業・団体の方は、下記までお問合せください。
●問い合わせ先 日本食糧新聞社 「介護食品・スマイルケア食コンクール」事務局 担当/福島
TEL : 03-3537-1303

※選考結果はファベックスホームページでも発表いたします。

●お問い合せ

日本食糧新聞社 展示会事務局

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-14-4 ヤブ原ビル6F

TEL:03-3537-1077
mail:carefood@nissyoku.co.jp

ページのトップへ