HOME  >  出展案内  >  FABEX出展社インタビュー  >  FABEX出展社インタビュー デンカポリマー様

FABEX出展社インタビュー デンカポリマー株式会社様

2013年06月24日
デンカポリマー(株)は1966年創業の食品容器製造メーカです。総合化学メーカである電気化学工業株式会社の100%子会社。惣菜、弁当・寿司用容器のほか肉や魚の店舗用トレー、農産品容器、食品用ストレッチフィルムの製造を行っています。
 
原料はデンカグループで一貫生産されているものが大半で、中でも市原市の石油化学コンビナート内にある五井工場は、中東から輸入された原油の精製から最終の食品容器までを同一ラインで生産するという世界的にもまれな一貫体制で容器製造を行っています。コストの管理はもとより原料の由来を訴求できる、より安心・安全な製品供給が強み。取引先から高い評価を得ています。
 
数年前から各種展示会を視察見学し自社の出展ブースや提案を頭の中でシュミレーションしていたという同社開発本部商品企画部 課長代理 根本 聡(さとし)氏に、今回FABEX2013に初出展を果たした感想を中心にお話をお聞きしました。

(聞き手:日本食糧新聞社 山田由紀子)
 
プチリュバン事業部 大橋さとみ氏Q1.FABEXへ出展を決めた理由をお教えください。

親会社が2015年に創業100年、当社が2016年に創業50周年の節目を迎えるに当たり、これまで蓄積してきたノウハウを基に、販売・開発の両面で新たな戦略でステップアップを目指すきっかけとしてFABEX2013の出展を決定しました。

当社は元々代理店様との取引が中心でしたし、規模も中堅クラス。資本的にも限界があります。直接ユーザー様へ製品をアピールできる機会として“展示会という場は必要”という考えも経営トップが持っておりました。
 
容器・包装の専門展では巨大なブースを展開する企業もあります。しかしFABEXは同業者の中に突出した規模の展示はなく、同等規模のブースであったことも決め手になりました。 
 
Q2.出展に関わって苦労した点はどのようなことだったでしょうか。
 
FABEXは業務用食品として大変規模の大きな専門展示会です。このような展示会への出展は初めてだったので細かな段取り以前に、展示会出展の意義を社員に周知することから始める必要がありました。
 
これは当社コンサルタントの指摘でもありましたが「結果を出す気持ちが低いまま出展するのは意味がない」、「誰かに任せたイベントでなく、自分たちで企画立案・実行する展示会でなくてはならない」ということです。
 
この点に関しては早い段階から日本食糧新聞社様にご相談させていただき、ご助言とご協力をいただき社内説明会が行えたことが今回の成功の第一歩だったと思います。
 
私は事前交渉やブース装飾、販促物の準備など裏方にまわることも多かったのですが、運営の主体である営業部員が最後まで高い意識をもって臨んでくれ、予想以上の連携効果が働いたように思います。
 
開催日の前日が搬入日なのですが、それに向けた直前の準備と当日の対応など、社員のモチベーションの高さと機動力、これには正直言って大変驚きました。
 
Q3.出展されての率直な感想をどうぞ。

photo1開発・営業・設営などどれも高い目標を掲げたため相当苦労もありました。開発遅れや当日のブース対応などにも反省点は多くありますし、これらについては次回の改善必達テーマとしてFABEX終了後すぐに意識改革に取りかかっております。
 
またブースの造作はコンパクトながらも効率の良い展示が達成できたと思います。主催関係の方からも全展示ブースの中でも上位に入る装飾美との好評をいただき、大変うれしく思っております。 
 
Q4.新規の獲得など出展時・出展後の営業動向はいかがですか
 
基礎研究から3年かけてこの展示会でようやく完成した液漏れしない惣菜容器「NDシリーズ」や耐熱新素材「プレデリシリーズ」、小さく折りたためるフードパック「くしゃっとパック」などは店舗テストなどの申し入れやお問い合わせを多数いただいております。
 
またユーザー様からは今回発表した新素材を使用した別注品の開発依頼も多く、当社製品への関心の高さを感じております。
さらに既存品に対しても再認識・再評価の声がありまして、最近も大口採用が決定しました。会社全体の宣伝効果も大いにあったと喜んでいます。 
 
Q5.お客様の反応で強く印象に残ったこと

社はこれまで業界でも地味でアピールがいま一歩という存在でした。得意先様からは「デンカポリマーさんもやっと展示会に出展しましたね」と祝福する声が多く、「これほどの新機能素材が一気に展示されて正直驚いた」という評価や「ぜひ毎回出展しておもしろい新製品を見せて欲しい」という期待の声をいただきました。

Q6.FABEXをどのように活用していくお考えですか。

この春会長に佐久間、社長に坂本という新しい体制がスタートしました。創業50年を目指し、新しいストラテジー(戦略)とタクティクス(戦術)を構築中です。若い社員は自発的に意見交換会を行うなど活発な動きが見られるのもFABEX効果。今回の出展でさまざまな学習ができました。この勢いを確実に次回出展に活用できればと思っております。
 
今回の出展では販促・設営はじめ、さまざまな方からご指導をいただきました。取引業者様には直前の準備に多大な応援をいただきました。こうした皆さまのお気持ちに応えるためにも次回も総力を結集してさらによい展示提案を実現したいと思います。

--ありがとうございました。

デンカポリマー株式会社
東京都江東区木場5-12-8(KDX木場ビル) 
ページのトップへ