HOME  >  出展案内  >  FABEX出展社インタビュー  >  FABEX出展社インタビュー 株式会社マルハ物産 様

FABEX出展社インタビュー 株式会社マルハ物産 様

2013年09月01日
株式会社マルハ物産は、レンコンの一大産地徳島に本社を置く、業務用レンコン加工品の生産量国内トップ シェアの企業です。
 
創業は1958年。現社長林香与子氏は、岡山から徳島に事業の拠点を移し、当時日本一の生産量を誇った徳島県産レンコンの加工・販売を始めた創業者の父を助けながら、レンコン一筋の人生を歩んで来ました。
 
国内のレンコン市場拡大にあわせ、1978年、単身中国に渡り中国産原料の調達・加工・輸入を始めました。1994年には江蘇省に合弁(のち独資)工場を設立、中国協力工場とあわせ年間約6000tの原料を塩蔵・水煮加工処理し日本国内市場に安定供給しています。
 
2003年、林社長は種の植え付けから収穫まで全工程の管理を可能とする農業法人「有限会社マルハファーム」を設立。創業当時約1haだった同ファームの耕作面積も現在では約17haと17倍に広がり、レンコン生産量は2003年に約28tであったのが2012年度には約162tと大きく増加しており、マルハ物産グループで農産物の生産・加工・販売までを一貫して行う「6次産業化」の取り組みが着実に推進・拡大しています。
 
地域の雇用を創出しレンコン農家の育成を図る、商品開発に注力し地域ブランドを育てる—。こうした長年の努力と功績が認められ、同社は2008年に農林水産省による「第1回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰式典」にて生産局長賞を受賞、同年農林水産省・経済産業省共催の「農商工連携88選」に徳島県からは唯一マルハ物産グループが選定されています。
 
さらに2012年には食品産業センター、食品流通構造改善促進機構の共催・農林水産省の後援による「第33回食品産業優良企業等表彰」にて食品産業部門(農産物加工品の製造・販売)・農商工連携推進タイプで最高賞の農林水産大臣賞を受賞しました。
 
徳島県産鳴門金時を使った「おいものスプレッド」が2012年度・2013年度モンドセレクション食品部門にて2年連続金賞を受賞。2013年度には規格外レンコンを使った「黒ごま餡のスプレッド」が同銀賞を受賞し小売・スイーツ商品において高い評価を受けています。
 
マルハ物産は、2004年のファベックス初出展から延べ6回。2013年9月11日からのFABEX関西にもいち早く出展を決めていただきました。
業務用加工レンコンからスイーツまで幅広い商品提案開発に取り組む林社長に、バイヤー対応などを中心にお話を伺いました。
(聞き手:日本食糧新聞社 山田由紀子)
 
 
Q1.FABEX出展の最も重要な目的は?
 
これまでのお客様へのご挨拶と、弊社の新しい商品・食材を見ていただく。新規のお客様に出会う。こうした目的を持って出展しております。
 
関西のFABEXでは東海地方より西の方が多くなると思うのですが、既存のお客様へのあらためてのご挨拶と、多くの既存・新規のお客様が一同に来られるこの絶好の機会に当社の新商品・新規格品・新食材のご提案・ご紹介と商談を行いたいと考えております。
 


Q2.今回の展示コンセプトをお教えください。
 
国産水煮蓮根や鳴門金時など徳島県の特産野菜の加工品を展示いたしました。近年キノコや山菜などの扱い量も増えており、ブースには「国産水煮蓮根ダイス5ミリ」「芋きんとん」「マッシュルームスライス」など注目商品のPRに特に力を入れました。
 
当社はレンコンの加工品は約500アイテムをラインナップしております。しかしこれで十分ということはありません。

シニア世代の人口比率が高くなっておりますし、若い女性の方々やお子様たちにもレンコンの魅力を知っていただきたい。

そのためには食感や視覚面でより付加価値のある新商品の開発の必要性を感じております。
 
出展を機に新しい取引先様にアイデアやアドバイスを頂きながら、一緒に新商品の開発を行う機会も増えており、「えっ、こんな商品も出来るの?」と驚きの声をいただけるご提案になっていると思います。

Q3.出展の際、どのようなところに注意を払いますか。
 
業務用製品が90%以上を占めることもあって、マルハ物産という社名はなかなか表に出にくい。しかしご来場バイヤーのほとんど、あるいはすべての方が当社製品を一度は召し上がっているかもしれないのです。となれば全員が大切なお客様です。
 
お問い合わせがあれば丁寧にお答えするように、決しておごり高ぶりを見せることのないよう、“明るさとやさしさと誠意”を持ってブースをお訪ね下さるバイヤーの皆さまに接するようにと、自らと社員を戒めております。
 
Q4.今年4月のファベックス出展について率直な感想を伺えますか。
 
企業のPR、商品のPRの絶好の機会をいただき非常にありがたいことだと思っております。今までお会いしたことのないお客様が立ち寄ってくださる、あるいは既存の取引先様に紹介しきれていなかった商品をご紹介差し上げる。

これは決定権のあるバイヤーが多数いらっしゃるFABEXならではのメリットですね。

 
Q5. お客様の反応で強く印象に残ったことはどのようなことでしょうか。
 
地方の来場者が増えていますね。また当社については新規見込み客が昨年に比べかなり増えました。おかげさまでレンコン、サツマイモ製品については特に多数お問い合わせをいただきました。
 
普段、レンコンの皮はむいて捨てますが、皮に多くのポリフェノールが含まれていることが徳島文理大健康科学研究所の杣源一郎教授の研究でわかっています。皮まで食べられるレンコン菓子製造事業に着手し、農産物の規格外品を使った「国産蓮根ペースト」「蓮根のケーキ」「野菜クッキー」「おいものスプレット」などを開発したところ、自然な味わいや健康成分を多く含むスイーツとして注目していただけました。
 
徳島の食材の発掘と、マルハ物産でなければ出来ないような魅力的な商品をこれからもファベックスでご紹介していきたいと思います。
 
 
--ありがとうございました。
株式会社マルハ物産
〒771-0218 徳島県板野郡松茂町住吉4-3
TEL .088-699-2345(代)  FAX .088-699-2757
ページのトップへ