HOME  >  セミナー・イベント  >  惣菜・べんとうグランプリ  >  惣菜・べんとうグランプリ2019 エントリー商品募集

惣菜・べんとうグランプリ2019 エントリー商品募集

2018年11月21日

全国各地の選りすぐりの惣菜・弁当の中から金賞・優秀賞ほか各賞を決定!
受賞作品は78,000人が来場する中食・外食業界の業務用専門展「ファベックス」の中で表彰されます。表彰されます。
貴社自慢の商品をぜひご応募ください!

 

★応募方法

本グランプリの.応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。1社何点でもご応募可能です。
一次応募締切:2019年1月31日(木)

※前回受賞商品はこちらを御覧ください
※必ず「商品のカラー写真」のデータをご用意ください。
※応募商品の写真および売場写真は、弊社媒体の記事およびファベックス等会場内での展示等で使用する可能性があります。
※食品表示ラベルの写真データをご用意ください。写真データがない場合は、同等の情報(名称、原材料名、消費期限、保存方法、製造業者の名称および住所)を記載してください。
※Webサイトからのエントリーができない場合は、事務局までメールにてご連絡ください。

 
 
 
 

募集要項

中食業界の振興と、中食事業者の商品開発・販売促進を応援を目的として、日本各地で発売されているお惣菜・おべんとうの中から、商品力・販売力・アイデア力のある商品を広く募集し表彰いたします。食品業界関係者約75,000 人が来場する、惣菜デリカ・中食・外食業界の業務用専門展示会「ファベックス」の会場内にて、受賞商品の展示・陳列と表彰式を実施いたします。 


対象商品
●惣菜 ●弁当 ●寿司 ●丼 ●おにぎり ●冷凍・チルド ●調理麺 ●サラダ ●調理パン ●スイーツ など

エントリー部門 
わが社自慢の惣菜部門
(こだわりの製法や素材を使った、人気の新商品やロングセラーなど、自社でイチオシする自慢の惣菜)

調理パン部門
(全国ご当地の様々な具材を乗せた・挟み込んだ惣菜パン)

●冷凍・チルド部門
(冷凍またはチルド状態で購入でき、ロングライフ化や廃棄ロス削減に寄与する惣菜・弁当)

祭事・イベント部門
(お正月、節分、ひなまつり、子供の日、四季の事物や年中行事など、日本の文化にちなんだ惣菜・弁当)

地方食材・調理法部門
(日本各地の特産品や食材・調味料や、地域の食文化に根ざした調理法を使用している惣菜・弁当)

●健康・ヘルシー部門

(ローカロリー、栄養バランスが良い、オーガニック・機能性食材を使用しているなど、健康に配慮した惣菜・弁当)

駅弁・空弁部門
(鉄道の駅構内や空港で一定期間の販売実績があり、各地・各駅の特徴を反映した惣菜・弁当)

プレミア部門
(高品質かつ高価格帯で、豪華なご馳走としての惣菜・弁当)

※各部門毎に金賞以下各賞の商品を決定し、ファベックスイベントゾーンにて表彰いたします。
 
 応募条件
  1. 2017年12月以降に一定期間の販売実績がある商品であること(臨時的に販売されたものはのぞく)。
  2. 持ち運び可能な容器に盛り付けられた状態で販売されていたこと(路面店・百貨店・スーパー・コンビニ・駅弁・宅配など)。
  3. 2019年2月~4月の間に行われる最終審査において、必要数の商品を無償提供することが可能であること。
  4. 応募商品が過去に本グランプリのいずれかの賞を受賞していないこと。
※ 複数の部門にエントリーされた場合、事務局側で選考対象のエントリー部門を決めさせていただきます。
 
応募方法

本グランプリの.応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。1社何点でもご応募可能です。
一次応募締切:2019年1月31日(木)

※前回受賞商品はこちらを御覧ください
※必ず「商品のカラー写真」のデータをご用意ください。
※応募商品の写真および売場写真は、弊社媒体の記事およびファベックス等会場内での展示等で使用する可能性があります。
※食品表示ラベルの写真データをご用意ください。写真データがない場合は、同等の情報(名称、原材料名、消費期限、保存方法、製造業者の名称および住所)を記載してください。
※Webサイトからのエントリーができない場合は、事務局までメールにてご連絡ください。

表彰
  • 各部門毎に金賞・優秀賞ほか各賞の受賞商品を決定します。受賞商品はファベックス会場にて表彰状を授与します(該当作なしの場合もあり)。
  • 受賞者には、賞状ならびに商品受賞シールのデザイン使用権を授与します。
  • 受賞作品はFABEX、FABEX関西にてパネル展示や商品販売を行ない、来場者にPRを行います。 ※商品販売は希望者のみ
 
選考方法
「ファベックス 惣菜・べんとうグランプリ 審査委員会」による選考
 

<審査委員長> 


奥村 彪生
伝承料理研究家 奥村彪生料理スタジオ「道楽亭」主宰
 
 プロフィール
平成6 年度 食生活文化賞受賞
平成13 年度 和歌山県文化功労賞受賞
平成21年 生活科学専攻の博士号を取得
平成22 年 第1 回辻静雄食文化賞受賞
NHKテレビ「きょうの料理」レギュラー出演で人気
株式会社ライフフーズ顧問
 著書
『日本めん食文化の一三〇〇年』
『聞き書ふるさとの家庭料理』全20巻解説
『おもしろふしぎ日本の伝統食材 既刊10巻』
以上 農山漁村文化協会
『料理屋のコスモロジー』共著、ドメス出版

 

<副審査委員長>

小平 昭雄 惣菜サミット 会長

<審査委員>

見目 洋子 専修大学商学部 教授
藤木 吉紀 一般社団法人日本惣菜協会 専務理事
嵯峨 哲夫 公益社団法人日本べんとう振興協会 専務理事
沼本 忠次 一般社団法人日本鉄道構内営業中央会 事務局長
谷口 正俊 株式会社かいエンタープライズ 代表取締役
今野 正義 日本食糧新聞社 代表取締役会長CEO
岡安 秀一 日本食糧新聞社 外食レストラン新聞編集長
( ※以上 敬称略、順不同)

審査項目
オリジナリティ 定番メニューを超えた付加価値、独自性など
商品コンセプト コンセプト・ターゲットとの合致、商品の本質を表現するネーミングなど
満足度 内容(質・量)と価格のバランス、コストパフォーマンスなど
ヴィジュアル・容器 彩りの豊かさ、食材のバラエティ、容器と盛付けの工夫など

 
スケジュール
   2月中旬
 一次選考( 書類審査のみ)
  2月下旬  最終選考( 試食も含む)
  3月上旬  順位発表( 新聞紙面・HP 等)、受賞シール授与
  4月17日(水)~19日(金)  FABEXでの商品展示
  4月下旬  一般消費者向けイベント(調整中)での商品展示
                                               
主催・後援
<主 催>
 
<後 援>
惣菜サミット

●お問い合せ
日本食糧新聞社 展示会事務局
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物ビル5F
TEL:03-3271-4816  FAX:03-3271-4818
mail:sbgp@nissyoku.co.jp 

ページのトップへ