HOME  >  セミナー・イベント  >  お米未来展

お米未来展


イベント概要

【米消費拡大に向け米産業のイノベーションによる新たな需要創造を目指す】

詳細はこちら
→https://a.nissyoku.co.jp/download_fabextokyo_okomemiraiten

日本人の米消費量は毎年縮小し、主食米から、飼料用米に代表される非主食米へと作付け転換が進められている現状です。しかしながら、米消費の拡大なくして抜本的解決にはつながりません。一方で、米消費減が加速化するなか、健康志向に合致した「健康米」が注目されるほか、簡便、即食に対応したパックご飯などの「加工品」、「米粉」の需要増など、多様な消費用途の拡大が進んでいます。また、「グルテンフリー」を切り口に海外市場への進出も始まり、米消費の新たな可能性に期待が高まっています。

 そうした中、食品業界最大の専門紙である日本食糧新聞社は、米消費拡大への貢献を目指し、国内最大級の業務用食品展示会「FABEX2022」(2022年4月13~15日・東京ビッグサイト東ホール)内で、注目を集める「健康米」「加工品」「米粉」等にスポットを当て「お米未来展2022」を開催することにいたしました。キーワードは、「お米の新たな需要創造を目指す」で、日本食糧新聞が有する「紙面」「画面」「場面」と連動してお米加工品のおいしさや汎用性を訴求すると共に、実需につながる企画となることを目指します。

 米消費を盛り上げ、関連業界の振興はもとより、日本農業の振興や地方創生につなげてまいりたいと考えています。
 どうか本主旨にご賛同いただき、ご出展参加のほどよろしくお願い申しあげます。

ニュース

ページのトップへ